運動をするためだけにMeta Quest2を買って今日も剣を振り回している

6月の中頃にMeta Quest2を買ってVRデビューしました

今日も明日もBeat Saber

Beat Saberは音ゲーとして見ると非常にシンプル。最近のタッチパネル音ゲーもまぁ割合シンプルだと思うけど、このゲームは動画を見ただけでルールがわかると思う。

Beat Saberは全身を使ってプレイするゲームなので、他のボタンやタッチパネルを叩いたりするゲームとはプレイ感覚がまるっきり違う。

プレイしている感覚としてはダンスに近い。でも足を動かすことはほとんどないから集合住宅とかでも普通にプレイできると思う(あるにはあるがちょっと横にズレるとかだから全然激しくない)

切る以外の動作が必要ないからゲーム性はシンプルだけど、実際にプレイしてみるとすっごい激しく動くから予想以上にゲームとして難しい。

Beat Saberは運動の麻薬である

以前リングフィットアドベンチャーやらフィットボクシングをしていると言ったが、Beat Saberをプレイしてるのもそれです。運動のため。

元々はAmazonのセールでウォーキングマシンでも買うか……?と悩んでいた時にYoutubeでたまたま流れてきた上の動画を見てVRヘッドセット買ってBeat Saberしよう!と決意した。

そういうわけで実は運動目的でBeat Saberをプレイしているのだが……。運動量はえぐい。

参考までに言うとリングフィットアドベンチャーは平均心拍数が110くらいで、フィットボクシングが120くらい。

1時間で300kcal消費はApple Watch持ってる人ならすごいって共感してもらえると思う。めちゃくちゃ汗かきます。

下半身はそこまで動かさないとは言え、上半身を全力で振り回すのですっっっごい疲れる。

でもプレイは楽しいのでアドレナリンがガンガン出て全然疲れない。やってる時は。次の日、肩がえぐいほど筋肉痛になる。人生で初めて「あ、肩こりがつらいってこういう状態なんだな」って実感した。

そうやって剣を振り続ける

Beat Saberと言えばMOD文化が盛んで、PC版なんかはMODが前提と言っても怒られないと思う。

MODを入れると他人が作ったカスタム譜面が導入できる(上のYouTubeみたいな)

このカスタム譜面があるおかげで、文字通り終わりなきBeat Saberが味わえる。

「もっと難しい譜面プレイしたい〜〜〜」とか「新しい譜面をプレイしたい〜〜」とかあると思うがそう、Beat Saberなら有志が作り続けてくれる限りそういう悩みがない。無限にプレイできるのだ!無限に剣を振り続けろ!

Meta Quest か Pico4か

余談だけど同時期にPico4もセールしてて迷った。Meta Questの方が微妙に高い。

随所で聞いたところ、

  • Pico4はデフォルトでバッテリーが後部についていてバランスが良いところがいい
  • それ以外は価格以外Meta Questに負けてるから黙ってMeta Quest買え
  • コントローラーの感度もPico4悪いからBeat Saberなら特にMeta Quest買え

って言われてました。Pico4所持者は正直で良い人だらけです。Meta Quest買ったけど。

↓買ったやつ

created by Rinker
META
¥31,900 (2024/05/20 16:01:55時点 Amazon調べ-詳細)

↓買ったアクセサリ

created by Rinker
soundcore
¥14,990 (2024/05/20 16:01:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください