【R6S】マエストロの使い方考察

FPS・TPS

マエストロのイーヴィルアイは設置型のカメラであり、ターレットでもあります。

でも実際、イーヴィルアイって使われるとうざいけど使ってもそんな強くないような気がする。イーヴィルアイを含めたマエストロの戦い方ってどんなものなんでしょう。

イーヴィルアイの設置デザイン

イーヴィルアイはどのような場所に置いて、どのような運用をするべきでしょうか。

良いイーヴィルアイの条件は二つあります。それは「破壊しづらく」「敵の邪魔がしやすい」ことです。

逆に悪いイーヴィルアイというのは、単体で活用をしようとするイーヴィルアイです。イーヴィルアイの他に気をひくもの(ミラ窓や、味方による攻撃)がなければ、注視されてなにもできません。

味方の支援が届かない状態というのは非常に壊されやすいです。スレッジなんかは簡単に近づいて殴れるし、そんなポジションにADSは設置されないのでブリーチング弾を遮るものはありません。

逆に味方の支援が届く場所ではなかなか破壊されづらいです。スレッジは手を伸ばしにくいし、味方がちょっかいをだす範囲というのならつまり、ADSが設置される範囲でもあります。

設置場所の一つの基準としてそこはADSが守ってくれるかということが挙げられます。ADSが設置される場所というのはつまり、味方にとって重要なポジションです。

もう一つの基準としてはそこは如何に見づらいか?と言うものです。これは発見しづらいと言う意味ではありません。防衛側がいる地点を覗く時、如何に視点から外れやすいかと言うものです。

極端な話、ミラ窓があるときにミラ窓のすぐ横に設置されているイーヴィルアイミラ窓と挟むように設置されているイーヴィルアイ、どちらが強いか?と言うことを考えるとわかりやすいでしょう。

オレゴン地下だとこんな感じ
オレゴン地下だとこんな感じ

たまに見る設置ポジションとして、テルミットやヒバナの壁破壊を妨害する目的で置かれることが多いですが、正直強いかどうか疑問です。

気づかれなければ確実に1回分は妨害できるでしょうが、2回目は微妙です。1回分を妨害したら破壊されるのはほぼ確実。

その1回が勝敗を分けるほど強いかと聞かれると微妙だし、1回のためだけにイーヴィルアイを一個潰すかと聞かれるとこれまた微妙。

個人的に、やっぱりビームは敵に向かって撃つのが一番だと思います。

死んだ指揮者はただの屍である

イーヴィルアイは敵にダメージを与えるガジェットですが、そのダメージは5です。ぶっちゃけ微妙。敵に撃つのが良いと書きましたが、敵を倒すのを目的とするのはアホらしい。

ダメージが5というのは絶妙に微妙です。やられた側からすると4発で計20ダメージですが、すぐに慌てるほどじゃない。

そんなイーヴィルアイの役割を一言でいうと、強い牽制です。進行するにあたって二の足を踏ませ、敵をまごつかせる。飽くまで個人的な感想ですが。

例えばディフューザーの設置者が体力最大のとき、設置始めから撃っても設置者がビビって設置をやめない限り阻止は間に合いません。設置阻止を目的とするならエコーのYOKAIドローンを使うべきです。

イーヴィルアイでの戦いは常に破壊されるか、されないかが鍵になってきます。攻撃側にとってはイーヴィルアイの破壊が勝利ですが、マエストロにとっての勝利とは破壊されないことです

破壊されなければ攻撃側は常にイーヴィルアイを警戒しなければいけません。警戒する分だけ敵は時間を使いますし、場合によってはルートの変更も考えなければなりません。

つまり効果的なイーヴィルアイの使い方とは脅威であることを示し続けることと言えるでしょう。そういう意味でも、前述のADSが置いてある場所に設置するというのは有効です。

脅威であり続けるために、マエストロ自身も可能な限り生き残り続けることが要求されます。

たとえ死んだとしてもカメラとして活用できるようにしておくべきです。設置したら必ずカメラの方向を調整しておきましょう。初期角度で死ぬマエストロは珍しくありませんし、そうなったらマエストロを選んだ意味はかなり薄れることになります。

マエストロの立ち回り

さて、実はお便りが届いています。最初に書いても良かったんですが、この記事を書き始めてから届いたので(といっても長い間塩漬けになってたんですが……)まとめという形で引用させて頂きます。

こんにちは!R6Sに関するつるぎさんの考察は、いつも参考にさせていただいております。

私はマエストロをよく使いますが、どうにもイーヴィルアイのレーザーを持て余してしまいます。基本的にはロング(+複数のルート)の射線を監視できるように置いて、発見した敵をACOG付きLMGで叩くというスタイルですが、レーザーは交戦してる敵への嫌がらせかドローン破壊でしか使えていません。

目標部屋に置いてディフューザー設置を阻止…という使い方は、ダメージの低さからプレッシャーになりづらい気もします(設置時間以内で全弾打ち切れるかは未検証です、すみません)。

今の使い方なら同じACOG持ちのエコーなどで良い気もしますが、LMGの装弾数に助けられた試合も多いため、できればマエストロを使い続けたいと思っています。

レーザーの使い所や、そもそもマエストロに求められる立ち回りまで含めて、つるぎさんのお考えを伺えればと思います。よろしくお願いします!

個人的にレーザーを撃つ場面というのは大別すると二つで、一つはドローンを壊すとき。もう一つは脅威であることを示すときです。

脅威であることを示すってなんやねんというと、例えばあえて無視してる敵やそもそも気づいていない敵に「ここにイーヴィルアイがあるけど警戒しなくて大丈夫か〜?」という感じで撃ちます。ダメージを与えるというより、あえて言うなら嫌がらせをするときです。

また、体力が最大の敵に対しては強硬されると設置を許してしまいます。設置前に数発撃って体力を削ることで、強硬設置できない体力まであらかじめ削る、という使い方もできます。

ただ敵が多くて設置者に加えてイーヴィルアイの見張り役がいる、となったらマエストロ本体で牽制をかけに行くというのも重要です。イーヴィルアイから注意を逸らすというか、イーヴィルアイだけに構ってるなよとアピールしに行くのも大事。

マエストロ以外にも言えるのですが、生きている状態を保つためには負けなければいいのです。防衛側は時間を稼げば勝ちなのですから、「この撃ち合い自信ないな」「これ(撃ち合いで)負けるな」と思ったらすぐ退きましょう。これ大事。無理して死ぬより生き残ることが大事。

生き残ってガジェットを使わないといけないオペレーターだからこそ、撃ち合いは牽制程度で十分。敵を倒せたらラッキー、倒せなくても脅威として見られれば目的達成、程度に思っておきましょう。

まぁ確かにマエストロのLMGは弾数も多く使いやすいです。イーヴィルアイをうまく使うということを考えると少し臆病な立ち回りになりますが、時には攻める臨機応変さがないといけないのも事実です。

どのオペレーターもそうですが、一つの戦術にとらわれることなく柔軟に戦いましょう。

コメント

  1. SEQCALICE より:

    あーこれ助かりますわ
    マエストロの使い方イマイチわからんちんだったので

  2. あっぷる より:

    この記事とは関係ないのですが、工場にカベイラってどうでしょうか?そこそこ穴開けれますし、カメラも置けます。
    この運用方法だと遊撃には行けないかも知れませんが、カベイラはタイマンが強いので人数不利になっても勝ちやすいと思うのですが、どうでしょうか?

    • つるぎ より:

      中遠距離での撃ち合いを捨てる覚悟があるなら十分選択肢かと。
      ただ工事して遊撃にでないとなると他のオペレーターでもいいように思います。

  3. 質問者 より:

    質問に答えて下さり、ありがとうございます!
    恥ずかしながら、この記事を拝見するまではカメラを孤立させて壊される事もしばしばありました…
    つるぎさんの意見を参考に、よりイヤらしい立ち回りができるよう精進します!

    • つるぎ より:

      役に立ったようで良かったです……!あくまでも私なりの考察なので、これを足がかりにぜひ自分なりのアレンジを加えた使い方を見つけてくれればなお嬉しいです!