Minecraftで久しぶりにMODを入れたのでちょっとまとめた

その他ジャンル
その他ジャンル

MinecraftでMODを久しぶりに入れたので、注意点とかまとめる

Minecraft JAPANWIKIのMODページが網羅的に書かれているので、こちらを一度は見た方がいい。競合情報とかもあるし。

前提MODについて

ForgeとFabricの2つがある。Forgeの方が歴史が古く、Fabricは1.12以降しか対応してない。ので1.11以前はForgeしか選択肢がない。

基本的に何のMODを入れるにせよ、どちらかを導入しないとMODを導入できない。どちらを要求してくるかはMOD次第だが、どちらかしか導入できない。

大抵のMODはFabric版とForge版の両方を用意してたりする。

悩んだらFabricでいいと思うが、結局は自分が入れるMODに合わせるしかないので先に何のMODを入れるか決めてから決めるといい。

基本的にForgeもFabricも同様、インストーラーでインストールする。

インストールすると、Minecraft Launcher のランチャー内の起動構成に追加される。

Forgeの注意点

今回はForgeを導入していないが、一応書いておく。

Forgeを導入する際は、導入するバージョンのバニラ環境を一度起動しておかないといけない。

つまり、ver1.17.1のForgeをインストールするにはver1.17.1のバニラ環境を起動しておく必要がある。

Fabricの注意点

私の場合、実行時にエラーが発生し「The Fabric installer could not find a valid Java installation」という警告がでて進まなかった。

Minecraftはv1.17以降、Javaのバージョンが16に上がった。公式環境以外で起動するには各自で16を導入する必要がある模様(知らんかった)。

今回はWindowsで導入したのでmacOSの場合は詳しくはわからないが、基本的には同じ。

コマンドプロンプト(macOSの場合はターミナル)を起動して、以下のコマンドを打つ。

java -version

これで16以降が表示されなかったらAdoptOpenJDKのページにアクセスして、OpenJDK16をインストールする必要がある。

Latest release | AdoptOpenJDK
AdoptOpenJDK provides prebuilt OpenJDK binaries from a fully open source set of build scripts and infrastructure. Supported platforms include Linux, macOS, Wind...

こんな感じで目的のものをダウンロードする。

移動先のページでも同様に絞り込んでダウンロードする。

Windowsの場合は.msiを、macOSの場合は.pkgをダウンロードし、実行する。

インストール時、macOSは特に注意事項がないが、Windowsには注意点がある。

カスタムセットアップの時点で、「Set JAVA_HOME variable」および「JavaSoft (Oracle)registry keys」は「ローカルドライブに全てインストール」を選択しておく必要がある。

何も考えずに設定変えずにインストールしちまったよ……という人は再度インストーラーを起動して「変更」からもう一度同じメニューを出せる。

PCを再起動したらインストールできるようになった。

(余談;たぶんv1.19が出てきた段階くらいで非LTSのJava16からLTSのJava17に切り替わると思うのでそのくらいだと17の導入がいるかも)

各MODの導入

ForgeもFabricも、導入方法が異なるだけで使い方は全く変わらない。

Forge / FabircバージョンのMinecraftを起動すると、Minecraftのデータディレクトリ以下に「Mods」フォルダができあがるのでそこにぶち込む。他のMODも一緒。

Fabric API および MOD Menu は前提MODではないので、他のMODと同様に導入する(つまりmodsフォルダにぶち込む)。

データディレクトリについて

MODとは関係ないけれど、Minecraft Launcher上では複数の

IrisとSodium

シェーダーMOD(すっげー大雑把に言うと俗に言う影MOD)としては今回はIrisを採用。Optifineでもよかったけど、なんかモダンな感じがしたので。Fabricのみに対応していて、Forgeには対応してない(たぶん)

This is Iris
A lens into a new era of Minecraft graphics. Download your copy today.

Irisの動作にはSodiumというレンダリング最適化MODが前提となるが、現行版では同梱されている。

Irisにはユニバーサル版とスタンドアローン版がある。

ユニバーサル版はMODとして導入というよりは直接エンジンへ介入する模様。なのでゲームのデータディレクトリにインストールする形?になる。つまり前提MOD(Fabric)が必要ないが、それらと競合する。

スタンドアローン版はFabricのMODとして動作する。つまりFabricを導入してるならこっち。

2021/11/24現在、現行版にはシェーダーの設定を変更する方法がない。開発版にはStarlineというシェーダーの変更GUIを含むバージョンがあるのでそちらを導入する。ただしこちらはzipファイル等で配布されていない。

Starlineを含むIrisの導入方法は以下。

GitHub - HyperCubeMC/Iris: (WIP) A new shaders mod for Minecraft intended to be compatible with existing ShadersMod/Optifine shaders
(WIP) A new shaders mod for Minecraft intended to be compatible with existing ShadersMod/Optifine shaders - GitHub - HyperCubeMC/Iris: (WIP) A new shaders mod f...
  1. https://github.com/HyperCubeMC/Iris/actions にアクセスする
  2. GitHubにログインする(必須)
  3. おおよそ一番上にある、バージョン名とStarlineの文字を含むもののタイトルを開く(1.17-Starlineのような)
  4. 下部のArtifactsにある Artifacts をクリックしてダウンロードする(ダウンロードにはGitHubにログインが必須なのでアカウントを作る)
  5. ダウンロードしてzipファイルを解凍するといくつかの.jarファイルがあるので-devとか-sourcesとかがないファイルが動作に必要なmodファイルなので、modsフォルダへぶちこむ
(3) バージョン名とStarlineの文字を含むもの(画像はv1.17)
(3) バージョン名とStarlineの文字を含むもの(画像はv1.17)
(4)Artifactsをクリックしてダウンロードする(要GitHubログイン)
(4)Artifactsをクリックしてダウンロードする(要GitHubログイン)

この開発版には前提MODであるSodiumが含まれていないので、また別個に導入する必要がある。

Attention Required! | Cloudflare

シェーダーパック

Iris単体では影などはつかないので、シェーダーパックを導入する必要がある。

Irisを導入した状態でMinecraftを起動するとshaderpacksフォルダができあがるので、そこにZipファイルをぶち込むだけでOK。

今回は SEUS Renewed/ Nostalgia / KUDAを導入してみたけど、2021/11/24現在NostalgiaはIrisに対応していないので注意。黒い画面で動かない。(CurseForgeのコメント欄に書いてある)

LittleMaidRebirth

LittleMaidRebirthを導入する。Forgeはv1.16しか対応していない。Fabric版はv1.16とv1.17に対応。

導入する場合は以下の前提MODが必要。

  • Fabric API(Fabric版のみ。このページの上から順にやってるなら導入済み)
  • Architectury API(Fabric / Forge
  • LittleMaidModelLoader(LMRebirthと同ページで配布)

上記の前提MODと本体をmodsフォルダへぶち込むだけで動作する。

一度起動すると、データディレクトリにLMMLResourcesフォルダが出来上がるので、LMM関連のリソース(ボイス・テクスチャ)はそこにぶち込む。今回は詳細は省く。