PalWorld #4 食糧不足をどうにかする

2つ目の拠点を建てたら使役するパルの量が2倍になり、食料消費も2倍になったため気づいたら飢餓が大量発生しています。

そしてずっと気になっていたこと、第一拠点の造りが木造のため、襲撃があるたびに家が燃えることに怯える生活にも嫌気がさしてきました。

というか燃えた。

ちなみに2回目ともなると(別ワールドで経験済み)対処法もわかってきます。燃え広がる前にぶち壊す江戸リスペクト消火です。

襲撃と食糧不足に怯えない強い家を作ろうと思います。

というか襲撃と食糧不足に怯える家って拠点として終わってます。衣食住のうち衣しか充足していません。それは拠点じゃねえ。

というわけで金属で作ります。金属拠点を作ったので金属は贅沢に使えます。

というわけでできたのがこんな感じ。外側は燃えない石と金属で作っています。内側は木材とか、石とかで。金属オンリー・石オンリーで作るとめちゃくちゃ暗い仕上がりになるのでおすすめしません。

肝心の食料問題解決には建物の中で室内栽培をしています。

襲撃対策には門と壁を設置。

でも門を置く効果は結構あって、襲撃者は進行ルート上に障害物があると壊そうとする以前にスタックしたりする。

食料を作るにあたって、腹を埋めるためならベリーだけでも十分な感じはしなくもないです。

小麦やトマト、レタス(で作れる料理)はパフォーマンスがいいですが、時間コストも相応です。小麦は製粉しなきゃいけないし、トマトとレタスで作るサラダなんて盛るだけのはずなのにめちゃくちゃ作るのに時間がかかります。

ただベリーだけなんて寂しいので、全種作れるようにしています。作業には種まき→水やり→採集→運搬の技能を持ったパルが必要です。

個人的におすすめはフラリーナとラベロットです。

フラリーナは種まき3・採集2・運搬1とオールマイティーに使えます。

フラリーナはボスなら28レベル、通常湧きなら禁猟区1で平均レベル22くらいなので割と捕まえやすいはず(禁猟区は上画像の『🅿︎プレイヤー位置へ』の🅿︎にある変な島)

ラベロットも種まき2・採集3・運搬2となかなか強い。けどこっちはボスエリアならレベル35、通常湧きなら禁猟区2で平均レベル44くらいなのでちょっとレベルが必要になる(禁猟区2は火山の上にある変な島)

ちなみにリリクインというパルは種まき4・採集2と結構特化していて結構良い。捕まえられるなら。

生息区域を見ると行ったことがない場所にいる……どこだこれ……。

私はレベル39くらいで拠点が襲われた時に襲ってきた時に捕まえた(上のGif画像のときに出てきた)

水まきはキャプペンかアズレーンがおすすめ。キャプペンの方が万能だけど、このゲームは特化してた方が全般的に効率が上がるのでアズレーンも悪くない。

この辺のレベルになってくると、石炭やピュアクォーツなるアイテムが非常に必要になってくる。

一応、どちらも洞窟で見つかるらしい。地上では石炭は砂漠、ピュアクォーツは雪山で見つけることができる。

歩き回った範囲だと、北側の砂漠と雪山にそれぞれ群生地があった。

今後はこれをどうにかするのが課題になると思う……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください