【Apex】ソロマス達成したので感想とか立ち回りとか

FPS・TPS
FPS・TPSApex Legends

雑に書いていきます。

スポンサーリンク

立ち回りとか

基本的にマジで10部隊以上で戦う利点薄いという前提で動くのが良い。

1部隊倒しても(キルポイント3貰ったとしても)RPがマイナスだし、それ以上に戦う以上は負ける可能性もある。そして勝ったとしても漁夫が来る可能性もある。

そして10位以上だと2部隊と戦って勝ってようやくRPが参加費に届くか届かないか程度で、死ぬ可能性を考えるととてもやってられない。

10位以上だとRPの倍率も上がる。安置も狭まってきて敵部隊の配置もそれなりにわかる。部隊数が少ないので漁夫もある程度管理できる。

つまり序盤の戦闘はリスクが大きい割に文字通りリターン(キルポイント)が少ない。

プラチナまではとにかく目先のRPを追うだけで良いが、ダイヤは特に順位が大事。キルより順位を上げることのほうが優先。

ダイヤ4から上がれる人と上がれない人はそこの認識の差だと思う。ダイヤ4とダイヤ3じゃ、生き残ることへの意識の差が全然違う。ダイヤ4はプラチナから上がった自信があるのか、キルムーブしがちだし、そうでないにしても前線上げがち。

あと、撃ち合いに対する意識も違う。

ランクが高い人ほどショットガンを持ってた印象。私は苦手なのであんまり持たないが、少なくともSRを持ってる人とかいなかった。

というかチャージライフルみたいなヘイト稼ぐような武器・行為は=死なので、上手い人は皆慎み深く戦ってた。

(これ、今戦うのはすごい良くない予感がするな)と思ったら迷わずピン立てて逃げていい。基本的にみんなわかってるから一瞬で逃げに転じてくれるし、そういう判断に従ってくれるPTはたいていみんな強いし結束できる。

あとこれは自分に言い聞かせてたことだけど、とにかく1位を目指す前提で戦うべき。

沼ってる時ほど目先のRPを追いかけて、目の前のキルを追いかけがち。だけど1位を目指す前提で動けば結局残り6部隊くらいから自然にキルポイントが発生していく。

途中の戦いでキルポイントがもらえなかった時とかでも、焦る必要はない。順位が上がれば自然に溜まっていく。終盤戦は特に。

感想

一言で言うと、社会人が目指すものじゃねえな……と。割と時間かかった。

もちろん、腕前が上がっていけばマスターに到達するまでの時間も短くなるだろうけど、短くすると言えるのはそもそもマスターに到達できる腕前がある前提なわけで……。

純粋にやってて楽しめるランク帯って正直プラチナ帯がピークじゃないか? とも思う。RPもまぁまぁバランスいいし。

ダイヤ帯は後半になるほどVCつけてる2パが増えた印象。聞いてて楽しいと思うの半々、これくらいならつけるなと思うのが半々。まぁこれはどこのランク帯でも変わらないかも。

おまけ:PS5版の感想

PS4版とFPSは変わらない(最大60FPS)はずなのに、非常にぬるぬる動いてる印象があった。

PS4版プレイ時は各種情報を表示していなかったけど、もしかしたらPS4版は常時60FPSでてなかったかもしれない。

4Kでプレイしてるけど、はっきり画質があがったことでのプレイ上の恩恵は感じないかな……。120Hz出せるようになってからが本番だと思う。

コントローラーであるDualShockとDualSenseの差は正直ない。いや、あるけど、どっちもSONY純正だからほとんど変わらない。のですぐ投げる。

強いて言うならDualSenseの方が重い。そしてスティックのドリフト問題が気になるので、それはそれで怖い。

↑今使ってる4Kモニター。

↑今使ってるイヤホン。

このブログの中の人
つるぎ

FPSとTPSが大好きなソロゲーマーです。
無駄に考えるのが大好きなのでこのブログで発散してます。

フォローする🍵
⬇️この記事を共有する⬇️
フォローする🍵
スポンサーリンク
つるぎろぐ。
タイトルとURLをコピーしました