で、結局無線でFPSってどうなのよ【やってみた編】

周辺機器

以前、こんな感じの記事を書きました。

で、結局無線でFPSってどうなのよ
無線でFPSと聞くと良い印象ないんですが、気になったので調べました。※この記事ではわかりやすさを重視して、ものすごく大雑把に書いていることがあります(通信の話など)。詳しく知っている人は「いやそれはちょっと違うよね」と思うこともあると思...

内容としては「無線でも問題ない環境を整えられる」が「だからと言って何も考えずに無線にするのはダメじゃね?」というものでした。

で、色々書いた上でどんなもんか見てみようと思いやってみました。

スポンサーリンク

我が家の回線

それなりに回線に気を使っている、という感じです。

一軒家で、PS4がある部屋からルーターがある部屋まで壁2枚くらい挟んでいます。そんな遠くないけど。

検証では5.0ghz帯の無線を使います。我が家では人が使う主要な機器は5.0ghzの無線へ、どうでもいい機器(Amazon Echoとか、スマートホーム用機器とか、もしくは2.4ghzしかサポートしていない機器)の無線は2.4ghzに接続しています。2.4ghzと5.0ghzの無線はそれぞれ別のルーターが担当しているので台数的な干渉は発生せず。5.0ghzの無線には最大で15台前後繋がりますが、この時はおそらく5台くらいかな?

ルーターはAtermWG2600HP3というもの。2018年6月発売なので、決して古くはなく、悪いものではないはず。

有線、無線ともにポート開放はなしです。

有線と無線の比較

まず有線でやってみます。有線の時の接続状況がこんな感じです。

有線接続時
有線接続時

下り(ダウンロード)速度が283.2mbps、上り(アップロード)速度が98.6mbpsです。

ちなみに名前が右下に表示されていますが、別に本名ではありませんので……。

勘違いなきように言っておくと、NATタイプはオープン/モデレート/ストリクトを表しているのではなく、LANケーブルがどこから繋がっているかを表しています。タイプ2はルーター経由ですね。

タイプ1…モデムから直
タイプ2…ルーターから
タイプ3…複数のルーターを経由

タイプ3の人は悪いと考えて良いでしょう。タイプ2は普通、というより一般的な感じです。タイプ1は超つよ回線と言っていいですが、果たしてそんなことをする人はいるのでしょうか……。

無線接続時
無線接続時

続いて無線接続時の結果です。下り速度が213.2mbps、上り速度が9.2mbpsです。

どちらも許容範囲ですが、下り速度が283.2mbps213.2mbps、上り速度が98.6mbps9.2mbpsと下がっています。特に上り速度の下り幅が激しいですね。1/10以下です。

プレイしてみた

プレイするゲームはR6S。なぜかというと、このゲームは常時Ping値を表示できるから。

予想としては、いつも有線が9msで固定されているので、まぁ無線であれば9〜12msくらいで変動するかな?という感じ。

結論を言うと、有線でも無線でもゲームプレイ中はping値9msから変動はありませんでした。びっくり。技術の進歩ってすごい。撮った動画から10秒ごとの値でもリストアップしてみようかと思ったけど、本当に変動がないのでやめた。
※ちなみにPS4版R6Sは2019/02/28時点でのPingの最速値は9msのはず……。それ以下のプレイヤーを見たことないので

プレイ中
プレイ中

ただし、なぜかはわからんけどメニュー画面でのPing値有線が21msなのに対し、無線は25msに落ちた。

有線時メニュー画面
有線時メニュー画面
無線時メニュー画面
無線時メニュー画面

これに関してはなぜかはわからない。ちなみに記事を書いてる途中(=夜)に同条件でやってみたら有線が20ms、無線が23msになっていた。

まとめ

回線環境に気を遣えるなら、別に無線でも問題はないと思う。ただまぁ、有線と無線なら間違いなく安定するのは有線なので、余裕があるなら有線にすると良いだろう。実際、R6Sのメニュー画面では謎のPing値低下が見られた。私も今は有線に戻してある。

前回の記事でも書いたが、5.0ghz帯の無線が干渉が少ないというのは比較的新しい規格だから使用者が少ないというだけで、これから使用者が増えるということを考えると干渉の問題もまた出てくるんじゃないかなと思う(現に私が使っている無線ヘッドホンシステムで5.0ghz帯を使うと干渉を起こすし)

ただし、干渉に関しては一軒家か集合住宅かでめちゃくちゃ条件が変わってくるのでそこらへんはなんとも言えない。

最終的に大事なのはこうやった検証をした上で、本人が納得して「この自分の環境なら無線でも快適にプレイできる!」と言えることだと思う。マルチプレイをする上で回線を整えるというのはマナーなので、そこらへんはよく考えなきゃいけない。ラグいというのは本人だけがイラつくわけではなく、一人がラグいだけで全体がイラついたりするのだ。
逆に言うと私は「これぐらいの回線なら無線でもいいよな?」と自分の回線に対しては思う。前述の干渉で不安定になる心配があるから有線を使うけど。

それとは別に、ここまで「無線でFPS」と言ってきたが、この記事を見て「つまりモバイルルーター(例:WiMAX)でゲームしていいんだな!」と勘違いされても困るので一応書いておく。

今回の検証では一概にすべての無線がダメというわけではないという結果になった。ただし再三の注意になるが、私の場合では問題ないと思ったというだけで、その他の家の無線も大丈夫と保証する記事ではないので注意

コメント