【MHW】チャージアックスの使い方をざっくり簡単に教える

アクション

チャージアックスの使い方をざっくり簡単に教える

スポンサーリンク

チャージアックスって何ができるの?

基本的になんでもできる。打撃属性じゃないからそれが必要な部位破壊とかはできない(今作あるかわからんけど)。

スタン狙えるし、ガードも強いし、リーチの長い斧モードで尻尾も切れるし、超高出力属性解放斬りで一撃の火力もでるからチャンスに火力が出せるし、チャンスじゃなくても高出力属性解放切りで高いDPSが出せる。

本当になんでもできるけど、特化しているわけじゃないから器用貧乏的な立ち回りになるかも。少なくともなんでもできるけどできるけど「より得意な武器がパーティにいる」場合は譲った方がいい。

パーティの足りない部分を補う感じかなぁ。ガードポイント(以下GP)と呼ばれるガード判定により攻撃しながら防御して張り付くこともできる。

攻撃派生が多すぎてとっつきづらい……

使い込んでても派生表が頭の中に入るわけじゃないので気にしなくてOK
次にしたい攻撃のボタンを押すだけ。後述するけどマジで気にしなくて良い。はっきし言って派生表見せられてもたぶんみんなわからん。

チャージアックスの大雑把な流れ

さしあたりビンを溜めて、チャージ。そして強化状態にする。これ大事。

  1. 剣モードで攻撃当てると剣撃エネルギーというのがたまる。溜まって行くと体力下のビンゲージが黄色ないしは赤色に光る
  2. ビンゲージが黄色 / 赤色になった状態で盾を構えてでチャージ。赤色の状態でチャージした方が量が多くてお得
    • あんまり溜めすぎると赤で発光しだす。これオーバーヒート。強制的に弾かれる。溜めすぎ注意。
  3. 斧状態にしてを同時押しして高出力属性解放斬りへ。この時R2を押すと属性強化へ。
    • 属性強化は大事。とても大事
  4. 後は剣でビンを溜めて斧でブンブンする。たまに属性強化チャージを忘れずに
    • ビン1つあたり30秒の持続時間。最大300秒ストックできる。
  5. 必要に応じて高圧属性斬りをする
    • これすると剣モードの攻撃にビン効果が乗る

属性強化をすると以下の利点がある。

  • 斧の火力が上がる
  • ガードの性能が上がる
  • ガードポイントでガード成功した時に、ビン効果が発動(ガードしたらダメージ与えられる)
  • 斧モード時に超出力属性解放斬りが打てるようになる
  • 一部攻撃にビン効果が付与される

一部攻撃にビン効果が付与、と言うのはとても重要で、ビン効果が付与された攻撃は弾かれ無効になる

これしないとチャージアックスは雑魚。つまりこれがないMH4時点のチャージアックスは雑魚。あの時はロマンだった……。

剣と斧、使い分け

剣モードはすぐに盾を出せるから斧モード時よりも安心して立ち回れる

が、火力自体はまずまず。攻撃し続けるとビンゲージが溜まっていき、無視するとオーバーヒートする為攻撃のテンポがあまり良くない。

つまり、要所で斧に変形して適度にビンを消費していくことが必要になる。

返って斧モードは火力とリーチに秀でる。尻尾切りたいな〜とか、(榴弾ビンで)スタン狙いたいな〜とかはこっちでやる。

ただし移動は遅く、さらに最速で盾を出すにしても変形斬りが必要な為に攻撃をサバくという点では不安が残る。

斧モードで安定した火力を出す為にはやっぱりビンがいるし、斧モードで居続けると属性強化状態を維持できない。

つまり剣は堅実に立ち回りつつビンを貯める、火力を出すときに斧へ変形、ビンを消費し終わったらまた剣へ。というのがおおよその立ち回り。

剣モードの使い方

ボタンごとに特色があって、コンボなんか考えずに出したい攻撃のボタンを押してるだけで十分。そのうち感覚でコンボ覚えるから大丈夫。

… 基本的な攻撃。剣モード時の主力はこれ。困ったらこれをブンブンしてればいい。
溜め2連撃。長押しで溜めて使う。溜めないと使う意味がない。この攻撃が最もビンゲージ溜まりやすい。コンボ途中にスティックを倒しながら入力すると場所を移動して回転斬りへ。
(攻撃始動時) … 攻撃最初に使うと飛びかかり。片手剣と同じ。 初動によく使う。

(コンボ途中) … 攻撃途中に使うと盾で突く。属性強化時はビン効果が乗る。地味に判定が二回ある。あと攻撃が弾かれることがない(オーバーヒート状態でも)。
(盾突き後) … 上記の盾攻撃後にもう一度押すと、高出力ないし超出力属性解放斬りへ派生。ここでR2を押すと属性強化チャージに派生できる。つまり斧に変形せずに属性強化チャージができる

やや複雑だが、で弱攻撃、でチャージ用の攻撃、は特殊攻撃みたいな感じで覚えると良い。

また、R2で盾を構えたあとでビンをチャージすることができる。この後を長押しして放すことによって高圧属性斬りができる。これを発動させると一定時間(45秒)、全ての剣攻撃にビンの効果が乗る
繰り返すが、チャージアックスのビン効果が付いている攻撃は弾かれ無効となる。

ビンのダメージ自体は高くないものの、剣モード主体でもスタンが狙いやすくなる。さらに硬い部位でも攻撃が弾かれなくなるので結構便利。必須というわけではないけど、余裕があればつけておくと良い。

斧モード

… 縦斬りぶんぶん。尻尾斬りたい時はこれ。あと初段に関しては動きが大きいので接近にも使える。
… 本命。属性解放斬り。初段で使うと斧でチョイッと攻撃する。2段目は回転斬りで使い勝手が良く、からの派生からでも発生する。3段目は高出力属性解放斬りか、超出力属性解放斬り。
… 高出力属性解放斬り、あるいは超出力属性解放斬り。

の属性解放斬りはビンがあれば消費してビン効果を付与する。つまり弾かれ無効(ビンがあれば)。

高出力と超出力

高出力と超出力は同じボタンで発生する。基本的には属性強化してると超出力が発生する。

が、最初の溜めモーション時にLスティック↓ 高出力へ派生できる剣モードの盾突きからの派生でも同じ。これ覚えておくこと。

超出力は手持ちのビンを全て消費する。ビンがなければ火力は出ないし、ビンが最大まで溜まってればかなりの火力になる。
対して高出力はビンを一つだけ消費で、それなりの火力。出が早いので使い分けも大事。

理想的な立ち回りと現実的な立ち回り

最もダメージ効率が良いのは剣のを長押しの2連撃主体でビンを溜め、溜まり次第に超出力属性解放斬りをぶっぱする。
ただし隙が大きいので上級者向け。狙いすぎて失敗するのはただの地雷。

ただ斧で火力を出すってのは大事で、斧モード使わないと本当に微妙。だから剣で適度に溜めつつ、隙あらば斧という感じで立ち回るのが堅実。

剣は片手剣のように攻撃が速く、後述のガードポイントもあるので生存率と張り付き力が高い。高圧属性斬りをするとそれなりに火力も追加できるし、なにより心眼と同じ効果を持てるというのは大きい。

ガードポイントの話

ガードポイント(通称GP)をご存知だと思います。チャージアックスだと攻撃に防御を織り交ぜられるってアレね。

GPの利点は以下。

  1. ガード性能が高い
  2. 属性強化時に使うとガードと同時にビンでカウンターダメージを与える
    • 突進をGPで防いで榴弾ビン効果でスタンを取るとかっこいい
  3. 斧への変形斬りや超・高出力属性解放斬りに派生できる

GPは大雑把にわけて2つある。

1つ目は剣 → 斧に変形する時。剣を斧にはめるとき、前に出してカシャッてするじゃん。あれ。

2つ目は剣を回転させるように切る時。のコンボを締める時とか、斧 → 剣で変形する時。回転してシャッと切るじゃん。あの時に盾が前にでてるんだけど、それ。

変形時にカシャッてするやつの利点は発生が素早いこと。失敗したら取り返しのつかないけど、攻撃中に織り交ぜられるし、何より盾構えてからでも発生するから狙いやすといえば狙いやすい。

回転斬りの利点はテンポよく防御を織り交ぜられることと、そのまま盾を構え続けることができる。その時はビン効果は発生しないけど、とにかく安パイ。

これだけ覚えてれば大丈夫

  1. とにもかくにも属性強化。高出力属性解放斬りを発動してR2で派生だ!
  2. 狙えるなら高圧属性斬りを狙う。ビンをチャージ後を長押しだ!
  3. 盾突きから高出力や超出力に派生できるぞ!ついでに属性強化もできるぞ!すごい!
  4. 剣でビン貯める → 斧でビン消費する。これが理想だ!
  5. ただし無理にそれを意識する必要はないぞ!敵の攻撃が怖いときは剣モードで捌いて、打点が高い時は斧モードで狙おう!
  6. GPは決めると格好良いし、何より攻撃のテンポが上がるぞ!失敗時のリスクはでかいから怖いときは無難に盾を構えても良い!何よりも格好悪いのはGPを外して大ダメージを食らうことだ!
  7. ビン効果が乗る攻撃は全部弾かれない!

コメント

  1. 匿名 より:

    おお~ためになりました先生!

  2. 匿名 より:

    わかりやすい。初めて見た。使ってみるわ!ありがとうございます!

  3. 匿名 より:

    分かりやすかったです。
    ありがとうございました!

  4. コモヨシ より:

    すごく丁寧で解りやすかったです!
    いろんなサイトで調べていたのですが、
    どこもある程度の操作を理解している
    前提で意味が解らなかったのですが、
    本当に助かりました!ありがとう御座いました。

気になる疑問などを送ってください。採用された場合は記事として返答します。

※操作しづらい画面なのでなんか間違えても気にしないでください。

※記事内容に関する質問はそのまま記事のコメントへ書いてください。