安い掃除機を買ったら部屋が綺麗になったゲーマーの話

生活

唐突ですが、私って部屋の片付けや掃除がそんなに得意じゃありません(まぁ、得意だよ! って人は逆にそうそういないんじゃないかと思いますけれど)。

モノの片付けはなにをどう上手く収納するか? ということを考えるよりもとりあえずものを捨てた方がラクということに気づいてバンバンものを捨てまくり。今では昔よりモノが少なくてちょっと散らかってもすぐにものを片付けることができるようになりました。

しかし片付けがラクになっても、依然として面倒なのが掃除。そう、床のゴミを取ったりホコリかぶったゲーム機を綺麗にする作業です。なんでホコリは積もるんだ。

なぜ掃除が苦手なのか。考えた結果、とりあえず道具が悪いという結論に行き当たりました。

いや、道具のせいにするのってどうなのよ、って感じもしなくはないですが。実家暮らししている私の家にある掃除機はキャニスター型と呼ばれるパワフルだけど重い掃除機


これ。

自分専用の掃除機というわけでもないので、毎回自分の部屋まで持ってくるのが億劫だったんです。「それくらいガマンしろよ」と思う人もいるかもしれませんが、一度メンドウと思ったらホントに面倒。しかも部屋はそんなに広いわけでもないので取り回しづらいし。

というわけで昨年末、今から半年前にamazonで自分用の掃除機を買いました。

こいつ。3300円の掃除機って大丈夫なのか……? と不安半分でしたが、満足です。

感想を箇条書きすると

  • 軽い(というか重くない)。使おうと思ったらすぐに使える
    • スティック型なので取り回しやすい。
    • 直立するので使わないときは場所を取らない
  • 吸引力はまぁまぁ
    • フローリングなら間違いなく問題ない。和室(畳)もたぶん問題ない
  • フィルターは布
    • 紙パックではないので初期投資で(どこかしらがぶっ壊れるまでは)使える
  • 寿命は知らないけど少なくとも半年程度では壊れる気配がない
    • 仮に1年で壊れるとしても、ランニングコストで見ると強い

こいつはダストケースが半透明で、取ったゴミが透けて見えます。どれくらいゴミが溜まったかわかるんですが、それで一番嬉しいのはあ、これだけゴミが取れたんだな、と楽しめるところ。

「うわ、これだけホコリ溜まってたのかよ」とわかると楽しいしそこから「こまめに掃除機をかけよう……」という意識もできます。手軽に掃除ができるという利便性が相まって、この掃除機を買ってから1週間に1〜3回くらい掃除機をかけるくらいの習慣ができました。すごい。

あと、合わせ買い対象商品のこいつを一緒に買っておくことをおすすめしておきます。掃除機をかける前にPS4とかにさっとかけるだけで綺麗になります。何と言っても安いし。

以上。

コメント

気になる疑問などを送ってください。採用された場合は記事として返答します。

※操作しづらい画面なのでなんか間違えても気にしないでください。

※記事内容に関する質問はそのまま記事のコメントへ書いてください。