ブルーライトカットのメガネってそんなに効果あるの?

生活

ブルーライトカットが入ったメガネを半年間くらい使ってみました。

メガネを不注意で失くしてしまったのですが、行きつけのメガネ店(個人経営)が地震の影響で閉まっていました(私は熊本在住)。そこでJinsに行ってメガネを作ったのですが、ブルーライトカットレンズをお勧めされたのでノリで購入。そこから半年間使ってみました。その感想を書こうと思います。

顛末としてはそのメガネをこれまた不注意で落としてしまい、レンズを欠けさせてしまったので新調することに。見えないわけじゃないけど、欠けた部分が気になるし、身だしなみとしてどうなのと感じるし。営業再開した件のメガネ店に行きブルーライトカットが入ってるわけでもない普通のメガネを購入しました。

ちなみにどんくらいのカット率か忘れましたが、確か30%にいかないくらい。

PCモニターやスマートフォンを眺めてるとき

私はモニターやスマートフォンを眺める時間が長い人間です。アルバイトもそれ関連ですし、ブログの記事を書いてる今だって結構近い位置から眺めています。趣味であるゲームなんかはもう凝視してます。

そんな私が効果を感じるかどうかと聞かれると、気持ちの問題じゃないかなーと思います。

はっきり言いますが、目が痛いとか、目が疲れたときは素直に画面の輝度を下げた方が効果あります。あとは色温度をあげる(画面の赤色を強くする)。Apple製品だとNight Shiftがありますね。PCならモニターの設定をいじるだけでもいいです。

ちなみに30%程度の薄いカット率ならゲームで不便に感じることはありませんでした。R6Sをやってても支障はなく。

(レンズが欠けたのが新調するきっかけに)

試しにiPadの白い画面に置いて見ました。ちょっと薄く(暗く)なってるのがわかるでしょうか。Appleの液晶は青みが強い白なのでわかりやすいと思います。

ただこれで目が楽になるかと聞かれると微妙。個人的にはこのメガネをかけてても目が痛いときは痛いので、輝度を下げて解決することが多いです。

試しにデレステの画面に置いて見ました。キャラクターの肌の色を見ると薄くなってるのがわかると思いますが、白より実感しづらいです。つまり、白い画面なら効果は実感しやすいけど、ゲームのように色が多い画面だとわかりづらいです。

まぁ正直、カメラの色と実際の眼に映る色は違うのでアンフェアではあると思うので参考程度にしてください。カメラの環境はiPhone6s plusのデフォルトアプリで、特に補正もしてません。

日常生活

日常生活上だと、青色が薄くなってるのがわかりやすいです。自転車に乗って移動したり、犬と散歩しているときのように景色を見ているときは特に。わかりづらい例えですが、私の実感した感じを言うと
『快晴の日の夕方にブルーライトカットのメガネをかけてる → 普通の視界のときに「ちょっと雲がかってる?」と感じる程度の明るさになる』
という感じ。伝わるでしょうか。薄暗くなるんですよ。

青色が薄くなってると言っても、赤色が強くなるというわけではなく、なんか暗いな〜と感じるようになります。色を変換したりするわけじゃなく、ただ単に一部の波長の光を反射してるだけなので受ける光の総量も減るというだけ。

いやもう、はっきり言うとサングラスの薄い版です。日常生活だとそんな感じ。

光の総量が減る、というのをネガティブに書くと色が寂しくなります。ポジティブに書くと光量が減ってちょっと楽です。

でも普通の日常を送ってる人なら外の光でそんなに疲れることはないと思うので、効果はあるのかな〜? と思います。私個人の感想としては、ちょっと薄暗くなることで気分もちょっと上がりづらかったです。本当に個人の感想ですけど。

ブルーライトのカット率が高くてかけた瞬間に「あっ、暗くなったな」と実感できるメガネなら効果はあるとは思います。それこそサングラス一歩手前みたいな。でも、日常生活でもほぼ違和感なく使えるようなカット率が低いメガネが眼の疲労に対して劇的な効果があるのかどうかには疑問を呈します。

私のまとめ

  • 日常生活でも違和感なく使える程度の、薄いカット率のメガネは効果がないとは言わないけど、劇的に効果があるかは疑問。
    • 楽といえば楽だけど、それだけで今すぐ切り替えるほどではないと思う。
    • 次に新調するときに入れてみればいいんじゃない? ぐらい。
  • まぁブルーライトカットによる健康被害なんて聞いたことないし、かけても悪いことはないから究極的には個人の好き勝手だよね。
    • でも、ブルーライトカットを超オススメです! っていう人はどうなの? とは思う。
    • メガネを新調して、普通の生の光を見たら「色鮮やかだな〜」と思ったので、色が寂しくなるという意味だとデメリットかも。
      • メガネを2個持てばいい話だし、気にならない人は気にならないしで、飽くまでも個人の感想。
  • かけた瞬間に色が大きくかわるほどのカット率のメガネなら間違いなく効果はあると思う。
    • 日常的に使ってたら光に対して免疫が落ちそう、とは思うけど(個人の感想であって医学的根拠はない)。
  • 一応、ブルーライトカットメガネも今はPC用として使ってるけど、やっぱりNight Shiftだったり色の調整と併用しないとそんなに変わんない。逆に言うと、併用するならイイ感じに効果があると思う。PCモニターとかだとちょっと薄暗いと感じるぐらいがちょうどいいです。

本当に私が言いたかったのは「ブルーライトカットが超オススメ! という人はどうなのかな?」という一言に尽きる。それだけです。

薄いブルーライトカットが効果10だとすると、色温度をあげるのが50くらいあって、輝度を落とすのが30くらいの効果があります。底を上げるという意味だと効果があると言えますし、そう言います。


あなたのタイムラインに優しいTwitter。
記事が気に入ったら覗いてみよう!

あなたの疑問を募集しています。
お便りを送ってみよう!

生活
シェアする
つるぎろぐ。

コメント

気になる疑問などを送ってください。採用された場合は記事として返答します。

※操作しづらい画面なのでなんか間違えても気にしないでください。

※記事内容に関する質問はそのまま記事のコメントへ書いてください。