【R6S】後悔しないオペレーターの解禁のために【攻撃編】

FPS・TPS

追加オペレーターは個別だと600円か25,000名声ポイント。セットだとシーズンパスを買うかシーズンあたり2400円。結構悩む……。しかも防衛側のオペレーターと違って攻撃側はユニークさが増し、選り取りみどり……。

そんな悩む人のために、本アカとソロアカ2つで色々と使ってきた経験を語っていきます。

防衛側はこちら。

【R6S】後悔しないオペレーターの解禁のために【防衛編】
R6Sでは基本オペレーターに加えてシーズン毎にオペレーターが2名追加されます。追加オペレーターを解禁するのは少しコストが必要で、個別の解放方法は25000名声ポイントを使う600円(相当)払うの2択。イヤー単位でのセットは...
スポンサーリンク

HIBANA


火花は強い。ぶっちゃけ迷ったらピックしとけって感じ。腐らないし。

TYPE-89は装弾数が少ないとは言え、残弾の把握がしっかりできていればそこまで問題ないでしょう。BEARING-9もあるし。

もしもランクで勝ちたいと思うのなら攻撃側の中では真っ先にアンロックすべきキャラだと思います。実際私はソロアカを作った時は最初にこのキャラへ600円払いました。

ただガジェットを使うのは勝つためで、面白みがあるかというと微妙。なんというか飽きがくる。カジュアルがメインでそれこそカジュアルに楽しみたいんなら他のキャラを解禁してもいいけど……。という感じ。

防衛側のミラへのカウンターピックとしても機能する(その目的ならTWITCHが最適だけど)し、攻める場所次第、補強壁1枚通れればいいという場所ならテルミットじゃなくて火花だけでいいや、って場面もある。

テルミットが死んだ時のための予備としても使えるし、逆に予備にテルミットを持つこともできます。どちらにせよリスク分散という意味で腐りはしません。

「選ばない」と「選べない」は違います。もしストイックに勝ちを望むなら真っ先に解禁すべきです。

BUCK


バックはARかDMRにスケルトンキーを持たせたオペレーター。フラググレネードを持ってる点でもスレッジと似たり寄ったり。

スレッジと比べて強い点は、突き上げができるということ。ハンマーでは届かない天井に向かってバコバコ穴を穿つことができます。いつもはライフルを持って、至近戦にはショットガンを持って臨める、という点も強み。

逆に弱い点は、ライフルが扱いづらいということ。ARであるC-8 SFWはアホみたいに跳ね上がる。近距離ならともかく中距離以遠だと集弾の関係で防衛側に撃ち負ける可能性もある。
それを選ばないならセミオートのCAMRSという選択肢。

突き上げができると書いたけど、状況が限定される上、有効だったマップがランクで削除されたことも相まって最近のランクではスレッジの方が見る機会が多い印象。

というわけで拘って使いたいのでもなければ現在では解禁する優先度は低いかなと思います。スレッジが好きなら解禁してみると良いでしょう。

BLACKBEARD


ブラックビアード、通称ブラビ。

実装当時はアホみたいに強かったけど何度かの下方修正を経て現在へ。

今の所の評価としては際立って強いというわけじゃないけれど、しかし無視できない強みもある、という感じです。

ユニークガジェットであるバリスティックシールドはライフルにつけることでHSを防ぐことができる。デメリットとしては足が遅くなるというものがあるけど、それは臨機応変に外すかハンドガンに持ち替えるかで対処。

役割としては強気で射線を確保して敵の動きを止めたり、出てきた敵を仕留めること。「ロックしてる」とか言いますね。

窓ラペして覗くのをよく見るけど、ラペ狩りでやられるのもよく見ます。敵をキルするのではなく、敵にプレッシャーを与えるのが仕事なので、良くも悪くも味方との連携が大事です。一人で通路を塞いでても味方がその間に侵攻してくれないと意味がないですからね。

というわけでソロでプレイする人には真価を発揮しづらいのじゃないかなと思います。パーティでやる人向けかなぁ。少なくともソロでやるときは味方に依存する戦いよりも主体的に動かしていく方が勝率がいいので使いません。

使うにあたってエイム力はあれば良いけど、撃ち勝つことよりも負けないことの方が重要なのでなくても大丈夫な感じはします。

CAPITAO


カピタオのクロスボウは燃焼チップとスモークチップの2種類を撃つことができます。それぞれ2発ずつ所持。

燃焼チップは着弾地点へ一定時間継続ダメージを発生させます。スモークの毒ガスよりも範囲が狭くてダメージを高めたという感じ。
スモークチップはその名の通りスモークを発生させます。スモークグレネードと違って着弾時に即発生です。

クロスボウの特徴としてJAGERのADSに撃墜されないというものがあります。何も阻むものはない。

ただ、正直強いかと言われると……。ランクでは見ませんね。

というのも汎用ガジェットがスタングレネードかクレイモアの2択でブリーチ能力が皆無です。スピード3でありながらも自力で道を開くことができないとなると、敵が警戒しているであろう通路を進むか、他の味方と一緒に進むかのどちらか。どちらにせよ、スピードを活かすことは難しいでしょう。

クロスボウはいずれのチップにせよ、敵がいる方向に撃ち込むものです。スモークは言わずもがな、燃焼チップはDPSが高いとは言え直撃でも確実に倒せるか微妙な性能です。こちらが頭を出すということは、向こうから頭が見えているということ。普通に反撃を食らってもおかしくない。
しかも取り出しが速いというわけでもない。

と考えるとクロスボウは予め通路を塞ぐように撃つ使い方になりますが、そうなると今度は通路に置いて強いタイミングっていつだ?という問題がでてきます。

普通に戦ってる状態では防衛側からしてみれば燃えてても攻めなければどうってことないし、待っていれば良いです。
しかしディフューザーを設置したときとか、エリア確保を開始したときとかだと防衛側は攻めに転じなければいけません。

つまりカピタオは目標に絡んだ瞬間に強くなるオペレーターだと言えます。言えるのですが……それって他のオペレーターでもよくない?敵を動けなくさせるんだったらリオン(LION)でもいいし、フィンカだったら敵と撃ち合うことがわかってる以上タイミングを逃さない。設置を援護するならイングの方が使いやすい。

しかも目標に絡んでクロスボウを撃てるシーンってだいたい攻撃側が優勢だからわざわざクロスボウを撃たなくても勝てるし……。うーん。

現状だと、使ってみたいと思うなら止めはしないけど……ってレベル。ここぞという使い所がないのでオススメはしません。

JACKAL


ジャッカルのアイノックスアイは足跡を可視化し、その足跡をスキャンすることで敵の位置を暴露します。

足跡をスキャンする都合上、拠点内にいる敵を倒すのには向いていません。しかし遊撃を潰すには非常に強力な能力です。ランクでは1ラウンド3分しかないということを考慮すると、厄介な遊撃を潰す時間を短縮できるというところでジャッカルは非常に強力です(ただしカベイラがサイレントステップを発動していると追跡は無効になるので、カベイラにはめっぽう弱い)。

ジャッカルは扱いやすいARに、サブにショットガンがあることでブリーチ能力もそこそこあります。遊撃潰しは場所を問わず有効だし、つまりどこでも使える万能型。

迷ってるなら解禁しても後悔は少ないでしょう。どこでも使える能力ですし、癖もないのでわりと気軽にピックできます。

また、能力の発動が簡単で、味方全員に恩恵があるということで初心者にもオススメです。もしR6Sを始めたてでハマった初心者がいるなら600円払ってでも解禁する価値はあると思う。

ちなみにサブのショットガンは火力は高くないので正面切って戦える性能ではありませんし、ブリーチ能力もアホみたいに高いというわけではないのでバックの上位互換というわけではありません。

YING


イングの持つカンデラはスタングレネードを強力にしたアイテムです。範囲広いし、起爆時間の調節ができたり、フューズのクラスターチャージのように壁越しに発動することもできます。
※YINGの公式表記はイングなのでそちらに合わせています。

イングはよくデフューザーの設置を援護する目的で使われていますね。ミラのブラックミラーの後ろにも効果があるので実際強いです。また、イング自身はカンデラの影響を受けづらいのも強みです。(あくまで他のオペレーターと比べると耐性があるというだけで、直撃しても全く影響がないというわけではないです)。

メイン武器はLMGかSGの2択。LMGは使いやすいしリロードも遅くないので強力です。

使い所を見極めることができれば強力です。ただ初心者には難しいと思うので後回しでもいいでしょう。パーティなら使いやすいですが、ソロでも使えないわけではないのでピックの選択肢には入ります。ゲームに慣れた頃に解禁すれば楽しいでしょう。

ZOFIA


ゾフィアはグレネードランチャーを持つオペレーターです。ランチャーはインパクト弾(ブリーチ)とショック弾(コンカッション)を使い分けることができます。

インパクトは防衛側のインパクトグレネードのランチャー版、ショック弾はエラのコンカッションマインのランチャー版と考えるとわかりやすいでしょう。

ショック弾は敵が付近にいれば即起爆します。発動までが素早い上に、索敵に利用できるので非常に強力です。飛び込む前に撃っておけば敵の有無がわかるという。

そこにインパクト弾も加わってブリーチ能力もあるので非常に強力です。はっきり行って単体での戦闘能力は最高クラスなので私は好きです。パーティでもソロでも活躍してくれるので、気になったら解禁してみましょう。

アッシュやスレッジが好きならきっと好きになるオペレーターです。

しかし特別なこと(補強壁を破壊したり、遊撃を潰したり)はできないので、使う人の力量がモロに強さに直結します。そういう意味ではジャッカルや火花の方が優先度が高いかもしれません。

DOKKAEBI


トッケビは防衛側のカメラデバイスをハッキングすることで敵の位置を暴露させ、さらに防衛側のカメラを盗み見ることができます。

ジャッカルと比べると向こうは足跡を見つけた一人を暴露するのに対し、こちらは全員を暴露することができます(シグナルディスラプターの近くにいるディフェンダーと、エコーを除く)。ただしジャッカルはピンを立てて正確な位置がわかるのに対し、こちらは音が鳴らすという暴露の仕方なので正確な位置は掴みづらいです。

音を鳴らすという方法の都合上、近くの敵しかわかりません。もちろん鳴った側からしてみればどこにいても「ばれたかも?」という疑念が付きまとい動きづらくなりますが。

つまり遊撃を潰すのにはあまり向いていません。ただ部屋に入る前に敵がいる・いないがわかるので味方全員の索敵の手間が省けたり、ドローンで発見しそびれた敵に気付けたりします。遊撃を潰すことはできなくても、遊撃の作戦を潰すことはできます。

カメラをハッキングすると敵は状況によっては自らカメラを破壊する必要がでてきたり、ブラックアイなんかは潰されたも同然なので敵の作戦を台無しにするのに特化している印象を受けます。

ただしメイン武器がセミオートのDMRか、ダブルバレルショットガン(スラッグ弾)の2択と、非常に使いづらい……。サブ武器は2つあって両方ともフルオートだけど、どちらもクセがあるのでメイン武器として使えるわけでもないです。

ガジェットは強力だけど武器のせいでピックされてない印象があります。

興味があるなら解禁してみることをお勧めします。武器は使いづらいというだけで致命的に弱いというわけではありませんし、ユニークな能力なので使ってて楽しいです。ソロでもパーティでも活躍してるでしょう。

LION


リオンは偵察ドローンによる動体スキャンで、動いている敵を暴露します。暴露の仕方はジャッカルやトッケビと比べると最も強力で、敵のアウトライン(輪郭)を表示させます。(フランス語読みなのでライオンではなくリオンです)

ただしだるまさんが転んだのように映りたくなければ防衛側は足を止めればよいのですから、遊撃を探すことや索敵には使えません。
ただし遊撃の位置がわかっているなら追い込み猟が非常に強い。

動くと暴露されるのはみんなわかっていますから、逆に言えば防衛側の移動を止めることができます。突入前やディフューザー設置前後なんかは強力。置きエイムはしてるはずなので油断はできませんが。

発見するための条件が「移動」なので、それ以外の動作——姿勢の変更やリーンなどでは暴露されないことに注意してください。

これ書いてる時点2018/04/25ではめっちゃ強いですが、弱体化が予定されているので今すぐ解禁しろと言うべきかは微妙……。

FINKA

フィンカはナノボットを作動させることで一定時間の間、全ての味方をブーストさせることができます。

ブーストはHP20を付与し、ダウン中の味方は25で復帰。
銃のリロード速度・リコイル制御・リロード速度を強化します。特にリコイル制御は強力で、ほとんどの武器で跳ね上がりが全くと言っていいほど無くなります。

また、有刺鉄線の影響が薄くなるので、ここぞという時に発動すれば強力なラッシュが可能です。

ただしデメリットもあり、ダウンをナノボットで復帰させると体力は効果終了後に5になります。よっぽどでない限りは手当で治しましょう。

音が聞こえづらくなる、PULSEの心拍センサーの感知範囲が広がる、GU地雷やYOKAIドローンのソニックバーストで解除される、SMOKEの毒ガスに非常に弱くなる、などが弱点としてあげられます。

防衛側が準備を整えているなら崩される可能性も十分あるし、遊撃に気づきづらくなる、ということです。過信しすぎは良くないということですね。

ちなみにADS移行速度があがることによって盾持ちのオペレーターは面白いくらい早撃ちができるようになります。味方がフィンカを選んでいるなら一度試してみると良いでしょう。

発動が簡単で全ての味方に恩恵を与えられる・リコイル制御が楽になるという点で初心者にオススメできるオペレーターです。パーティでもソロでも活躍できる能力なので、気になったら解禁することをお勧めします。

攻撃側総まとめ

以下の話で「本アカは〜〜」というときと「サブアカは〜〜」というときがあります。

本アカはパーティでプレイしてシーズンパス購入でオペ全解禁、サブアカはソロオンリーでこつこつ解禁しています。そういう文脈です。

ランクで勝ちたいなら火花は持っておく必要があるでしょう。やっぱりピックできる・できないの差は大きいです。

実際にサブアカではランクに行く前に火花は600円払って開放しました。

ただ、一番最初にHIBANAを解禁したとしても、まだランクにはいかないよという人も多いでしょう。ランクに行くのはもっとゲームに慣れてから……という人もいると思うので、絶対こいつを最初に解禁しろ!というほどではありません。

サブアカでも本アカでもよく使うのはゾフィアですね。コンカッションが使いやすくて好き。

大体ゾフィアと火花を使えればランクでは困らないかな〜と思います。どっちも自分から攻めることができる性能を持っていますからね。

ブリーチができる万能型としてはバックもあげられるけど、やっぱ武器が使いづらい。突き上げも有効な場面も減ったし、そもそもゾフィアでも突き上げはできるのでやっぱり使えるなら個人的にはゾフィアでいいかなという感じ。
ただブリーチからの攻撃は全オペレーター中最速なので壁越しの攻撃や不意打ち、接近戦は侮れない。フラググレネードも持ってるからそこも強み。
個人的に使わないのは銃に持ってる苦手意識が強いのと、フラググレネードをエリクサー症候群で使えないという理由。迷ってるなら使ってみると良いでしょう。案外ハマるかもしれません。
というかなんだかんだサブアカでも解禁自体はしてるので、まぁほんと一回使ってみて、という感じです。

ジャッカルなんかは遊撃をお手軽に潰せるのでピックに余裕がある時はよく使います。
遊撃を潰したり位置を暴露するオペレーターとしてはトッケビも有効ですが、やっぱり武器がネック。
リオンは強い、強いが……弱体化がされるので今から解禁するのは微妙。弱体化後は全くもって使えないという性能ではないですが、個人的に選ぶことはなくなりそうな感じ。自分から道を開拓できるオペレーターを優先するでしょうね。

イングは個人的には使わない(というかやっぱり自分では火花やゾフィアを選ぶことが多い)のですが、場面によっては欲しいことが多いので選んでくれる味方がいると非常に安心します。
本アカでもフレンドに選んでくれ〜と言うこともあるので、タクティカルな戦法が好きなら是非解禁しよう。

フィンカは強いですが、ランクではあまり見ませんね。やっぱり撃ち合いそのものが強いオペレーターよりも、有利な状況を作れるオペレーターが人気な印象。

ブラックビアードは好きな人は好きだろうけど、好きじゃない人は好きじゃない印象にあります。やっぱり長距離を見張るのは強いけれど、突っ込むには向かない性能なのでモロにプレイスタイルで好き嫌いがわかれます。そういうのが好きな人にはオススメしたいけど、初心者には積極的に動くことを覚えてほしいから個人的には勧めづらいというジレンマ。
動きにメリハリがつけれるようになり、今自分がしている行動がどういう意味を持つのかを理解できるようになった頃に解禁するのを勧めて置きます。

初心者には全てが使いやすくて遊撃を潰せるジャッカル、リコイル制御が簡単になるフィンカあたりがお勧めです。2、3人解禁してるころにはゲームに慣れ、自分のプレイスタイルがわかってる頃でしょうし、気になったオペレーターを選んで良いでしょう。

コメント

気になる疑問などを送ってください。採用された場合は記事として返答します。

※操作しづらい画面なのでなんか間違えても気にしないでください。

※記事内容に関する質問はそのまま記事のコメントへ書いてください。